借金をすること

借金をせずに生活することは当たり前のことだと考えるものです。
しかし、最近ではリストラや賃金カットが原因で急に収入がなくなったり減ってしまったりという不安定な状況に見舞われる可能性もありますし、家族や自分の急な怪我や病気で突然まとまったお金が必要になることもあります。
もちろん、そのような時に困らないように貯金をしておいたり、保険に入っておくことが理想的です。
しかし、昨今の不況や経済情勢から思うように非常時への備えができずにいる人が多くいるのが実際です。

収入の範囲内で生活できれば基本的には問題なく生活を送ることができるものです。
しかし、収入が減ってしまい、月々の生活が苦しくなったり赤字になったりすることもありますし、逆に月々の収入には変動がないのに様々な理由で支出が増えてしまって赤字が続いてしまうと、貯金を切り崩したりそれも底をつくと借金をしなければならなくなります。
わたしたちは、一度経験した生活の水準を下げるということがなかなか難しいものです。
収入が減ったから我慢をしたり、住んでいる場所を変えたりというのは勇気のいることであり、それができずに収入と支出のバランスを崩してしまうこともあります。

借金をすれば必ず返済をしなければなりません。
しかし、この返済を計画的にすることが難しく、返済が不可能になってしまうことも多くあるのです。
そこで、ここではこのような返済が不可能になってしまった際の対応策として、弁護士に相談する方法を紹介します。